芸能人の誰似という表示は止めてもらいたいです

芸能人や著名人が交際・結婚報道があったり、不倫報道があったりした時にスポーツ新聞やネットニュースでよく見かけるのが「○○さん似の美女と結婚」とか「○○さん似の一般女性と交際報道」という見出し。パッと見た時に一瞬ですが、「○○さんと結婚した?」と「○○さんの不倫?」と勘違いしてしまうのです。よくよく見ると「○○さん似」という文字が写り、なんだ、そうだったのかというのがオチ。
しかも、果たして本当にその女優さんやタレントさんと似ているのか?という疑問が浮かび上がります。きっと、目元だけとか口元がとかいうレベルのものではと推測しています。確かに誰に似ているかという特徴を出せばイメージがつかみやすいのかもしれませが、あまり好きな表現ではありません。けれど、私のように見出しを見て勘違いをすれば、興味を引きますしその報道に対して目を引くということは報道する側にとっての戦略としては合っているのかもしれません。ぜいたくフルーツ青汁 楽天