大物が次々に戦力外通告。野球界が一変するかも。

プロ野球のドラフト会議が終わり、戦力外通告を受けた選手への関心が高まっています。それにしても、今年はかつて大活躍した一流選手が戦力外通告を受けるケースが非常に目立ちます。例えば、最優秀防御率2回・最多勝3回・最多奪三振4回を記録した松坂大輔。盗塁王3回・最多安打2回の松井稼頭央。最優秀中継ぎ1回・最多セーブ3回の武田久。本塁打王2回の村田修一。往事は日本球界を代表していた選手が次々に戦力外通告になっているのです。もちろん、年齢による衰えはあるでしょうし、怪我や不調で満足な活躍が出来ていない選手が多いことも事実です。それでも、彼らの全盛期を知っている自分としては何だかショックですし、野球界に世代交代の波が押し寄せていることを実感します。しかし一方で、今回戦力外を受けた選手には「まだまだやれるんじゃないか」という淡い期待もあります。まだまだ活躍を見たい選手は多いですし、ぜひ現役続行を選択して欲しいと思います。http://www.aprosoft.co/