友達の進言でサバゲーをすることになったのですが・・・

友だち同士の何気ない余談から自身はサバゲーに参加することになってしまいました。
開催は週末の週末に決まり、自身は週末までの残りのウィークデーを鬱々と過ごしていました。
「なぁ、僕胃に落とし穴が飽きみたいやねんけど」
自身は私と同じようにサバゲーに必ず参入できることになった共通の仲良しに気分を報告しました。
今明け渡しの頭の中ではサバゲーに参加しない利点を生み出すことと、参加したまま掛かるであろう対戦のことを思い描いて
畏怖と大笑いいらだちがクルクルと回っていました。
唯、これだけは言えます。
その時の自身は本気で
「奴風の音でもひかんかな」
とサバゲーを心がまえ満々の友達の疾病を願っていました。
自身はため息をつきながら言いました。
「お前の奴と中学生時期からの友だちやろ?やっとサバゲーを中止するように説得できひんの?」
しかし彼は呆れたように言いました。
「僕には無茶。奴の自ら中はお前も知ってるやろ?奴はまず決めたら他の人の発言が遮断されるから」
分かってはいましたが、自身は一層奥深い嘆声をついたのでした。すっぽん小町 販売店