エレガントの知り合いからの素晴らしい糧

半年風くらいに、学生時代のそばに会いました。普段は都内で、一人暮し家計を謳歌している亭主ですが、お家の用件で帰省していたのです。
近くのカフェで久々に会った亭主は、未だに40値段にはずいぶん見えない若々しさでした。亭主とは20年来の社交だ。相当目のあたりにしわが浮かんではいるけれど、学生時代の時のファッションと押しなべて変わっていません。
ボクがそのことを口にすると、今度は亭主が、おんなじことを話し出しました。○○だって学生時代と貫くよ、と。お互いに褒めあっていた訳ではないのですが、私たちはどうにも可笑しくなって吹き出しました。
おんなじ年で、おんなじ時間を過ごしてきたから、そう当てはまるだけであって、お互いに案の定クラス相応になっているわけです。そして、過日TVで見た、あることを思い出しました。誠に40値段は、いよいよ初老のグループに入るのだとか。依然としてがっかりするような話です。
けれど、気分が若く、自分の外見にも気を配ってある亭主を見ていると、こんな部類なんて意味がないように思えました。
生業奥様化している昨今、きれいなそばに巡り合うのは、本当に好ましい外圧を受けます。帰宅した夜更けボクがやったことは、久々の構成でした。http://www.ooooner.com/musee-yoyaku.html